東京で受けた小鼻縁挙上術の手術

鼻の穴が大きいことを諦めていたけど

鼻の穴が大きいことを諦めていたけど / 美容整形クリニックでカウンセリング / 理想的な鼻になってメイクも楽しい

自分の鼻の事で悩んでいて、それがコンプレックスでした。
小鼻が上を向いているような感じで、鼻の穴が大きいという事を子供の時からバカにされたりからかわれたりして、出来るだけしたを向いて鼻が見えないようにするという不自然な格好をしていたこともあり、常に見上げるような顔つきというのもありました。
親からは印象が悪くなるからやめなさいと言われた事も有りましたが、自分で産んだくせにと親不孝な事を思っていたりもしました。
小さいときには変えるという事は選択肢には当然ありませんでしたし、ただ自分の鼻を受け入れてというか受け入れることも出来ませんでしたが、諦める事しかできませんでした。
しかし大人になってみると、美容整形の存在をしり、自分のコンプレックスをどうにかこうにか治す方法があるという事が分かりました。
鼻の事で悩んでいるのは自分だけではないというのも、様々なサイトを見てわかりました。
色々な方法がありますし、保険が適用されないということもあったので費用はサイトを見ているだけでも結構違います。
数万円単位で変わってくる事も有りましたが、アプローチ方法も若干違っていたり少し高くても傷跡が目立たなかったり自然だったり、評判が良かったりということもあったので料金の安さだけで決めないようにしようと思いました。

昔、母に整形したいと言ったら、「アホか‼️皆可愛く産んでやったのに勝手に不細工になりよって‼️」の一言で終了させられた😅
自分の一重も鼻の穴が大きいのも嫌いだった😅
でも母の一言で私もとは可愛いんだ😲と思うようになったら、同級生に会うと整形した?と聞かれる位は自力で変わったみたい☺️

— 小夏 (@conathunomikan) November 2, 2020